自分を幸せにする方法

世界にひとりしかいない自分を幸せにする!

腰が…!? (1)

「加齢による軟骨の摩耗です」

 

衝撃の診断結果…!!!

 

月曜日に何かのタイミングで腰をひねった(記憶がかすかにある)ため、腰に違和感を感じながら過ごした火曜日。

午後から左足の付け根が痺れること数回・・・頻度が短くなってきている。

座っていても、長時間同じ体勢が辛い。

 

ちょっとやばいかも・・・と思い、定時17時15分と同時に会社近くの◎◎クリニックに向かう。

 

ポンポポン~♪と軽快な音を立てる相撲中継を見ながら、診察を待つ。

「お相撲さんのお肌つるつる」

 

診察室に入ると、ちょっと生気のない感じの先生が。

「腰に違和感があり、痺れてうんたらかんたら」と事情を説明。

では、とりあえずレントゲン撮影を、とのことでレントゲン室へ。

 

「貴重品はこのロッカーに入れてくださいね」と言われたロッカーのカギにはなぜかハクション大魔王のキーホルダーが付いていた。となりのロッカーも同じく。その隣は、ケロヨンだった。まぁどうでもいいけど。

 

レントゲン撮影・・・この時点でかなり腰の痛みが増してきて、寝た状態で腰を持ち上げることすら困難に。

 

右に、左にと動かされ冷たいレントゲン台(?)の上で、まさに「まな板の上の鯉」状態。好きにしてくれ~ 腰が痛い~

 

で、何だかやたらと待たされてーの、撮影終了。

 

レントゲン写真を先ほどの生気なし先生と一緒に見る。

見る・・・。

 

「あ~、軟骨がすり減っていますね、背骨の最後の関節のところ」

え・・・

「加齢による軟骨の摩耗でしょう・・・おいくつでしたっけ?」

最初の診察から、レントゲン撮影、そしてこの時まで私はずーっとマスクを着用していました。(病院での感染予防&花粉対策)

 

「・・・36歳です」と答える私と同タイミングで、先生も電子カルテに目を向ける。

・・・そして再び、目を向ける。二度見してる!?

 

「加齢」という響き、さらに「摩耗」にやられてショックの私。

 

つづく

 

 

広告を非表示にする