自分を幸せにする方法

世界にひとりしかいない自分を幸せにする!

年下の男の子

今日も朝のシャワーから出て、
頭にタオルを巻きつつ、
化粧水を付けながら、
このブログを書いています。

 

 

本日は、雨天なり。

 

 

気持ちもちょっと下がり気味です。

 

が、しかし・・・

 

本日は、ひっさしぶりの殿方との
One on Oneデート。

 

要するに、デートっす。ひひひ。
気分上げて行こう~♪

 

Play Back(再生) その時の会話

 

 

たまご:今度、ご飯でもどうかな

殿方:良いですね、いつでも空いていますよ

たまご:お誘いしてくれますか?

殿方:・・・はい

 

殿方を自分から誘うより、
殿方からあなたを誘わせて!と、
何かのマニュアルに
書いてあったように見事、
「誘わせる」ことに成功!

 

 ・・・成功しているでしょ、一応。

 

 

さて、そんなデートの日が、
本日となりまして、
いつもよりちょっとだけ、
おめかしして出勤予定です。

 

 

で、ようやく本題。

 

 

今日の殿方(日替わりみたいだな)は、
なんと7つ年下なのです。

 

昭和・・・58年生まれだって。
西暦・・・1983年?うーむ。

 

せっせと化粧水を付けながら、
いつもはしない顔面マッサージなんて
やってたりする。

 

そんな乙女(?)なたまご、36歳。
あと5日で37歳です。

 

 

さて、今日の殿方と知り合ったのも、
もちろん合コンです。

 

 

Play Back(再生) 初対面

 

 

その日の合コンは、2対2でした。
毎度の参謀Yと2人、いつものごとく
銀座Pに集合です。

 

いつもながら、参謀Yがオープニングの
気まずさを和らげるため、饒舌に話します。

 

 

何の話題か覚えてないけど、
そこそこの盛り上がりを
見せておりました。

 

 

で、開始20分ほどして、
ようやく自己紹介がスタート。

 

 

殿方A: XXトシオです。

参謀Y: あ~、じゃあ、”としちゃん”だね!

 

殿方A&B: ・・・

たまご: では、こちらは”マッチ”ですね (Bの方を見て)

 

 

殿方A&B: ・・・

たまご: じゃあ、私は”よっちゃん”ってことで

 

 

殿方A&B: ・・・

参謀Y: ね、一本でも人参ってことで・・・

 

 

殿方A&B: ・・・

 

 

殿方A: ”よっちゃん”って誰ですか?

たまご: ”たのきんトリオ”の・・・

 

 

殿方A&B: ・・・

 

 

 

はい、会話が終了~。

 

分かるよね、この会話・・・寒すぎる?

 

ちなみに、殿方Aは31歳、殿方Bは34歳。
今まで感じたことのない、
ジェネレーションギャップを感じたわ。

 

 

34歳なんて、2つしか違わないぞ!
きっと当たりが悪かったんだ!

 

 

と、言うわけで盛り上がらないことを前提に
本日のデートにいざ、出陣です。

 

 

盛り上がらなくてもいいの、デートがしたいのよ、あたし。

 

  

「しゃべりすぎないこと」
「大人をアピールすること」

 

 

以上、会社の男性同僚から頂いた
アドバイスです。

 

ちなみに、私は”マッチ派”でした。

 

うーむ、コメントに困る曲だな。元気が出るよ、なぜか。

 

広告を非表示にする