自分を幸せにする方法

世界にひとりしかいない自分を幸せにする!

腰が…!?! (5)

どんな時にも朝は来る。

二日酔いでも、失恋しても、風邪をひいても、太っても、そして痩せても。

と、言うことは、「腰が痛くても」やっぱり朝はやってきます。

 

しかしながら、朝が来たからと言って、毎度、起き上れるわけではありません。

それを実感した日。

 

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

 

この腰が、「もう限界」と言ったから、3月15日は腰痛記念日

 

痛いんです、本当に。起床(予定)時間は6時半、起き上れません。

そこからむなしくも時計の針は、進み30分経過・・・寝返りすらうてません。

起き上ろうとする私の意思に反して、腰殿は、「行かないで~」と引き留めるべく、私に見えない鞭を打ちます。本当に痛い。泣きたい。

7時から7時半までの30分間。私と腰殿との一進一退の攻防戦。少しでも動こうならば、ものすごい力を持ってしてベットに押し倒される私(イメージね)。

とにかく起き上れない~、遅刻してしまう~。この時点でもまだ会社に行こうと頑張る私って、サラリーマンの鏡だわ。

しかも、昨日よりもさらに動作は遅くなり、駅までの所要時間、25分以上。牛歩。カタツムリの歩み。

 

「私が何をしたんだろう」…単純な私は、すでに悲劇のヒロイン状態です。

きっと、考えるべきは「私は何をしなかったんだろう」だね。

 

正解は…「運動をしませんでした

 

走馬灯のように、私の頭を駆け巡る「運動できたであろう機会(シーン)の数々」

  • 毎週末、ランニングシューズを横目で見ながら、飲み会に出かける私
  • 毎週月曜に、スポーツバッグにランニング道具一式を詰め込んで満員電車に乗る私 →でも、未使用のまま持ち帰る金曜日 (バッグはかなりの重さなのである意味筋トレはできているかも!)
  • 会社の人からもらった「加圧トレーニング体験3回分」のチケットを引出最上段に大切にしまう私→いつか行こうね。
  • 3万以上するマサイ族の靴を買ったにもかかわらず埃がかむるのを嫌がって靴箱にしまう私→買ったら満足だもんね。
  • ヨガ体験に行って「いや~スピリチュアル系は私には向いてないから」と苦笑いの私→やらない言い訳は秒速で思いつきます!From Task Therapy

そして…

  • 快楽にブレーキをかけることなく、飲んで食べての週末宴
  • 「ひとり暮らしだから、帰っても誰もいないし~」と、残業後についつい飲みに行ってしまう(むしろ自分から誘ってる)私 

 

ほんと、自分にとほほだよ~

 

結果には必ず原因があります。そのとーりです。耳が痛いです。

私の腰痛記念日は、私の過去が作ったものです。猛省

 

まだまだつづく、腰痛ネタ。

もうしばらくお付き合いください。 

広告を非表示にする